子供のランドセルを選びました

子供のランドセルを選びました

幼稚園の年長組に通う娘がいます。
最近、幼稚園で小学校へ上がった時に必要になるランドセルのパンフレットをたくさんもらってきました。
もうそんな時期なのだなと思いました。
上の娘の時は、どのように選んでよいか迷い、イオンなどのショッピングモール、百貨店、カバン専門店など何か所か下調べに行きました。
結局、地元で知られているバンビ鞄工房という工房で選びました。
材質にしても、クラリーノと牛革とがあり、どちらがどのような特徴があるのか、値段はどうかなどひとつひとつ丁寧に説明してくださいました。
今回は、下の娘のランドセルを最初からそのバンビ工房さんに行って選ぶことにしました。
長女の時は夏休みのお盆頃に行ったのですが、納期は2月の中旬ということでした。
まだ時間がたっぷりと思って余裕な気持ちでいたので、行ってみてこれ以上遅かったら入学に間に合わなかったかもと焦ったことを覚えています。
そこで、今回は幼稚園からパンフレットをもらってきて、あまり時間をおかずに工房を訪ねることにしたのです。
娘のリクエストは、薄紫、水色、キャメル、茶色とのことでした。
全部の色をチェックしてみて、最初は薄紫と水色にかなり魅かれていたようでした。
最終的には茶色を選びました。
茶色地のクラリーノでピンク色のパイピングを施したものを選びました。
サービスでつけてくれるランドセルカバーは、そのパイピングと同じピンク色のものにしました。
1年生は黄色いカバーを付けますが、2年生からはカバーを付けても付けなくても自由です。

親としては2,3年生のうちは、汚れを防ぐためにカバーを付けてもらいたいと思っていますが。
カバーの他にも、サービスのきんちゃく袋、レッスンバックなどを選びました。